ネキシウムが効かない!?こんな時はどうすれば良いの?

このエントリーをはてなブックマークに追加
女性C

知人の薦めでネキシウムを飲み始めたんだけど、あんまり効いてない気がするのよね…。

男性ポリスB

それは胃酸以外に原因があるのかもしれませんね。
下記のような症状に心当たりはありませんか?

その症状、胃酸が原因ではないのかも!?

食あたり・食中毒

細菌・ウイルスや毒性のある食べ物の摂取により胃痛が引き起こされる事があります。
そして、これらの除菌や排除のために胃酸が普段よりも多く分泌されるという場合もあります。

しかし、この状態でネキシウムを飲み胃酸の分泌量を減らしてしまえば、胃の酸性度が下がり細菌にとってかえって都合の良い環境をつくってしまう事になるので逆効果です

食あたりや食中毒は胃痛・腹痛以外に嘔吐や下痢、発熱の症状を伴う場合が多いです。

対処法

嘔吐・下痢は体外に毒素を排出するための防御反応なので、下痢止めなどで無理に止めないように注意しましょう。

軽度の食あたりであれば自然治癒する場合もありますが、危険性や感染力の高いウイルスの場合は放置は危険です。
症状がある程度治まった段階で、病院で適切な薬を処方してもらうと良いです。

胃以外の臓器の痛み

胆石症・膵炎・心筋梗塞など、みぞおちの付近に痛みを感じる病気は胃のトラブルと間違えて捉えてしまう可能性があります

これらの病気の場合は、肩や背中など胃の周辺以外の痛みや、発熱・嘔吐を同時に発症する場合があります。

また、痛みも胃酸過多とは比べ物にならない程強いです。

対処法

胆石症・膵炎・心筋梗塞は、どれも早急な処置をしなければ重篤化し死の危険もある病気なので、我慢したり適当な薬でごまかそうとせずに早めに病院へ行きましょう。

病気の早期発見と正しい治療が回復への近道となります。

女性C

熱や吐き気はないと思うんだけど…。

男性ポリスB

でしたら飲み合わせによる問題かもしれません。

「セイヨウオトギリソウ」の併用に注意!

ネキシウムとの併用に注意が必要なもののうち、「セイヨウオトギリソウ」ネキシウムの作用を弱める恐れがあります

セイヨウオトギリソウは健康食品やハーブティーにも利用される植物であり、必ずしも漢方薬やサプリメントの形で摂取されるとは限りません。

市販薬や別の病院で処方されている薬であれば医師に報告するべきだという認識がありますが、健康食品やハーブティー程度であればわざわざ医師に報告する必要もないと考え伝えそびれている場合があります

セイヨウオトギリソウは「セント・ジョーンズ・ワート (St. John's wort)」という名前で販売されている場合もあり、リラックス効果があるためストレス性の胃痛を抱えている人であれば摂取している可能性も高いです。

対処法

普段摂っている身近な食品の中にセイヨウオトギリソウが含まれていないか確認してみましょう。
セイヨウオトギリソウの摂取を止めてネキシウムの効果が出始めればそれで問題ありません。

ストレス解消に何かサプリや食品を利用したい場合はセイヨウオトギリソウ以外の成分のものを選ぶようにしましょう

▼関連ページ
飲み合わせについて
併用NG!ネキシウムと飲み合わせの良くない薬一覧

ネキシウムには併用してはいけない薬や注意すべき薬がいくつかあります。飲み合わせが良くないと効果の...

女性C

セイヨウオトギリソウ?
一応家に帰ってから調べてみた方が良さそうね。

症状が悪化し過ぎているのかも!?

ネキシウムの作用は個人差が出にくいため、ネキシウムが体質に合わず胃酸分泌抑制ができていないという事はあまり考えられません。

胃酸の量は減っているはずなのになかなか胃痛が治まらないという場合は症状がかなり進行しているのかもしれません

胃がんや酷い胃潰瘍になっている場合は、胃酸による刺激を減らしたとしても自己治癒力のみで完治させる事は困難です

対処法

重症の場合は手術により患部を切除するしかありません。

病院で内視鏡や胃カメラによる検査をしてもらい、正しい処置を行ってもらいましょう。

男性ポリスB

健康診断は受けられていますか?
心配でしたら病院での検査が1番ですよ。

薬が作用するまでは時間がかかる

吸収されるまでは我慢!

ネキシウムなどのプロトンポンプ抑制剤は胃で溶けて吸収されなければ作用が発揮されません

また、胃酸分泌抑制剤はこれから分泌される胃酸の量は減らせますが、既に胃の中に溜まっている胃酸の量を減らす事はできないので、飲んですぐには効果を感じられないかもしれません。
胃酸による刺激をすぐに沈めたい場合は、「制酸剤」という酸を中和するタイプの薬であれば胃に到達してすぐに効き始めるので即効性があります。

服用から効果が発揮されるまでの時間はネキシウムの服用量を増やしても変わりません。
なかなか効かないからと用量を増やすと効果が強く出過ぎてしまい、副作用の原因となる場合もあるので控えましょう。

▼関連ページ
逆流性食道炎への効果
逆流性食道炎はネキシウムで治す!胃酸分泌を抑えて確実に治療!

逆流性食道炎は近年増加している胃酸過多症状です。主な症状は胸焼け・胃痛・呑酸などです。ストレスや...

効果が出るまではなるべく安静に!

ネキシウムの効果が感じられるまでは胃に負担をかける事は控えましょう。
服用後に食事をしなければいけない場合は、アルコールや刺激物は避け消化の良い食べ物を選ぶようにすると良いです。

ネキシウムは1度効果が出始めれば効果の持続性は高い薬です。
毎日飲み忘れにだけ注意して服用するようにしましょう。

男性ポリスB

薬の効果が十分発揮できるようサポートするのも大切です。

女性C

効かなくても用量は増やしちゃダメなのね。
近いうちに病院でも相談してみるわ。

このエントリーをはてなブックマークに追加