ネキシウムのジェネリック医薬品はあるの?入手経路が知りたい!

このエントリーをはてなブックマークに追加
女性C

ジェネリックってやつが効果が同じで安いって聞いたのよ。
ネキシウムのジェネリックもあるのかしら?

男性ポリスA

ネキシウムのジェネリック医薬品もありますよ。
ただ、購入するのは少し難しいかもしれません…。
下記で詳しく説明いたします。

ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは、元々あった医薬品(先発薬)と同じ有効成分を含む医薬品です。

医薬品は開発から既定の年数が経過すると特許を失うため、他の製薬会社が同じ成分を利用して薬を製造する事ができるようになります。

ジェネリック医薬品は有効成分の含有量も先発薬と同じで、使用方法や効能・効果も先発薬と同じだと認められたものだけが販売を許されています。

女性C

有効成分が一緒だから同じ効果が得られるのね。

ジェネリック医薬品のメリット

先発薬よりも経済的!

ジェネリック医薬品は先発薬の有効成分に改良などの手間を加えずそのまま利用する事ができます。
そのため、開発にかかるコストを大幅に削減でき、それだけ価格も安く抑えられます
同じ効能・効果の医薬品でも、ジェネリック医薬品であれば半額以下での購入も可能です。

あまり頻繁に病院へ行かない人であれば薬代よりも診察料の負担の方が大きいためあまり気にならないかもしれませんが、長期的な投薬治療が必要な患者や複数の医薬品を使用する患者にとってはたいへん助かります

先発薬より使いやすい場合も

有効成分や含有量が先発薬と同じでも、ジェネリック医薬品ならではの工夫が凝らされている場合もあります

ジェネリック医薬品は添加物や薬の形状は先発薬と同じにする必要が無いため、錠剤であれば糖衣やフィルムでコーティングして飲みやすくしたり、アレルギーの可能性のある成分を減らし安全性を高めるなどの工夫がなされている場合があります。
先発薬では副作用に悩まされていたがジェネリック医薬品に替えたら軽減されたという場合もあります。

女性C

良い事ずくめじゃないの!
今まで知らずに損してたわね。

男性ポリスA

それが、そうとも限りませんよ。
ジェネリック医薬品にはデメリットもありますよ。

ジェネリック医薬品のデメリット

先発薬より出来が悪い場合もある

ジェネリック医薬品は添加物や薬の形状が先発薬と異なっている事は先ほども説明しました。
これはメリットとなる場合もありますが、逆にデメリットとなる場合もあります。

先発薬自体がとても効果のある完成された医薬品であれば、ジェネリック医薬品にそれ以上を見込む事は難しいでしょう。

添加物や薬の形状を変える事で有効成分の効き目が弱くなってしまったり、逆に強くなりすぎてしまう可能性もあります。
この他に、アレルギーや副作用を引き起こしやすくなる場合もあります。

現在使用している先発薬で満足な効果が得られているのであれば、ジェネリック医薬品に切り替えない方がリスクは少なく安全かもしれません。

ジェネリック医薬品の日本での普及率は低い

日本でのジェネリック医薬品の普及率は欧米と比べると低いようです。

その1番の理由は、日本の医療保険制度は充実しており、わざわざジェネリック医薬品を使わなくても医療費の個人負担額がそれほど大きくならないためです。
日本ほど保険制度が整っていない国では医療費の個人負担が大きいため、なるべく負担を減らす目的でジェネリック医薬品を選ぶ傾向が強いようです。

また、患者としても使い慣れた先発薬の方が安心感があって良いという情緒的な理由もあります。

病院・調剤薬局でも取り扱いを熟知している先発薬の使用を第一に考え、不安要素の残るジェネリック医薬品をあまり処方したがらないところもあるようです。

男性ポリスA

ジェネリック医薬品は不安要素があり普及率も低いため、先発薬に比べて情報量が少ないのがネックとなっています。

女性C

薬の安全性は大切ね。
リスクの話は無視できないわ。

ネキシウムのジェネリック医薬品

ネキシウムにもジェネリック医薬品がある!?

ネキシウムの日本での販売開始は2011年と比較的最近です。
しかし、国際的な登場は2000年であり、早くもジェネリック医薬品の製造・販売が開始されています
ネキシウムのジェネリック医薬品は2010年10月にドイツで販売されたのを皮切りに、その後他の国にも広がり始めました。

日本での取り扱いは?

日本ではまだネキシウム自体が登場したばかりという事もあり、ジェネリック医薬品の取り扱いまで手が回っていないようです。
今後ジェネリック医薬品の流通が開始される可能性はありますが、しばらくはネキシウムが活躍する事になるでしょう。

ネキシウム以外のプロトンポンプ阻害薬である「オメプラール」「タケプロン」「パリエット」の3つは、日本でもジェネリック医薬品の取り扱いがされています。

個人輸入では?

個人輸入代行サイトでもネキシウムのジェネリック医薬品はあまり見かけません。
現在、代行サイトで取り扱いされているネキシウムのほとんどはアストラゼネカ製の純正品です

有効成分の名称である「エソメプラゾール」で検索すると一応取り扱いしている代行サイトもあるのですが、そのサイトが自分の望むサービス体制ではない可能性も高く、なかなか入手困難な状態であると言えます。

▼関連ページ
ネキシウムを通販で購入する
ネキシウムは通販でも購入可能!今すぐ注文!

ネキシウムは通販サイトを通じてネット注文する事ができます。海外の製薬メーカーから直接輸入する事に...

男性ポリスA

ネキシウムのジェネリック医薬品はまだ購入経路が安定していません。

ネキシウムは純正品を購入しよう!

ネキシウムのジェネリック医薬品はまだまだ普及までに時間がかかりそうです。

前進となる「オメプラール」の存在もあり、ネキシウムは効果の安定した新薬であるにも関わらず価格もそれまでのプロトンポンプ阻害薬と比較して特別高くはなってはいません

品質や効果も純正品であれば確実ですし、安心して使用する事ができます。

▼関連ページ
ネキシウムの薬価
ネキシウムの薬価は?お特に購入する方法も!

ネキシウムを病院で処方してもらう場合、薬代以外に診察料や調剤料もかかります。保険適応で3割負担とな...

男性ポリスA

ネキシウムはさほど高価な薬ではありませんし、やはり安心して使用できるのは普及率の高い先発薬です。

女性C

ジェネリックってもっと身近で手軽なものだと思っていたわ。
今後もしばらくはネキシウムのお世話になりそうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加