アナフィラキシーや肝不全も!?ネキシウムの副作用が知りたい!

このエントリーをはてなブックマークに追加
男性A

ネキシウムって医療用医薬品ってことは強い薬なんでしょ?
副作用が心配だなぁ。

男性ポリスB

服用前に薬の特性を調べるのはとても良い心がけですね。
では、ネキシウムの副作用について一緒に見ていきましょう。

ネキシウムの副作用の確率は高い?

ネキシウムの副作用の頻度はそれほど高くはありません。

逆流食道炎の治療の場合では、副作用の発症率は11.5%と報告されています。
これは重大な副作用から比較的軽度のものまで全てをひっくるめた数値なので、実際には9割以上の人が問題なく使用できていると考えられます

服用が長期になったり、途中で用量を増やしたりするとそれだけ副作用の発症率も上昇します。
安全性を保つためには正しい飲み方を守る事が大切です。

▼関連ページ
ネキシウムの飲み方
ネキシウムの正しい飲み方!症状ごとに服用方法が違います!

ネキシウムの用量・服用期間は症状により異なります。正しく服用する事で効果が十分に発揮され、安全性...

男性A

飲み方によって副作用の発症率が変わるのかぁ。

どんな副作用があるの?

ネキシウムの副作用はアレルギー反応や消化器官への影響、精神的なものまで様々です。

1つ1つの症状としてみると発症率はとても低く、大部分は治療が終わりネキシウムの服用を止めれば治まるものばかりです。

しかし、中には重大な副作用もあるのでこれから服用を予定している人はぜひ確認しておく事をおすすめします。

重大な副作用

下記のような症状が表れた場合はすぐに服用を中断するべきです

身体の内部変化など自分では判断のつきにくい症状もあるので、何か異変を感じた場合はすぐに病院へ相談に行きましょう。

アナフィラキシーショック

アナフィラキシーは全身に発症する急性のアレルギー反応です。
薬物が原因のアナフィラキシーの場合、数分で心停止に至ってしまう場合もあります。

アナフィラキシーを発症した際、まだ口の中に薬が残っていればすぐに吐き出してしまいましょう。
アナフィラキシーに最も効果的な治療法はアドレナリン注射です。
なるべく速やかに病院へ行って注射してもらいましょう

汎血球減少症・無顆粒球症・血小板減少

血液変化は目に見えないので判断が難しいかもしれません。
貧血を起こしやすくなった、身に覚えのないあざが増えたなどの症状がある場合は血液に異常が起こっている可能性があります。

症状の起きた時期がネキシウムの服用と重なっている場合、副作用としてそれらの症状を引き起こしているかもしれません。

中毒性表皮壊死融解症・皮膚粘膜眼症候群

皮膚の症状は目に見えてわかるので発見はしやすいです。

しかし、ネキシウムが原因になっているとは気付かず、新たに皮膚病を発症してしまったと認識してしまうかもしれません。
この場合ネキシウムの服用を継続する事でどんどん症状が悪化してしまいます。

間質性腎炎

腎臓は老廃物の処理や体液調整に関わる臓器です。
腎臓の機能が衰えると尿の量が増えたり、有害物資をうまく排出できず「尿毒症」と呼ばれる疾患を引き起こす事もあります。

間質性腎炎は下痢・腹痛などの症状を伴いますが、ただの下痢だと思って我慢すると悪化の危険性があります。
下痢・腹痛以外に発熱や蕁麻疹が見られる場合は間質性腎炎を疑ってみましょう

横紋筋融解症

横紋筋は主に骨格を動かしている筋肉で、「横紋筋融解症」とはこの筋肉の成分が何らかの原因で溶けてしまう症状を指します。

筋肉が失われる事で筋肉痛や脱力感を感じたり、進行すると痛みや麻痺を感じる場合もあります。
身に覚えのない筋肉痛を発症した際には注意した方が良いかもしれません

低ナトリウム血症

「低ナトリウム血症」は、文字通り血中のナトリウム濃度が低くなる症状です。

ナトリウムなどのミネラルを吸収するためには胃酸によりイオン化される必要があります。
しかし、ネキシウムで胃酸の分泌量を減らすとナトリウムのイオン化が阻害され、吸収量が減ってしまう場合があります。
低ナトリウム血症を発症すると倦怠感・頭痛・吐き気などの症状が表れます。

日本人はもともと塩分の摂取量が多く、むしろ普段の生活ではナトリウムを摂取し過ぎている程です。
減塩など普段から食事に気を付けている人の方が逆に発症しやすいかもしれません

その他の副作用

消化器官の症状

下痢・便秘・嘔吐・腹痛・口内炎・大腸炎など

▼関連ページ
下痢の副作用
ネキシウムで下痢や腹痛に!対処法はあるの?

ネキシウムの服用により下痢の副作用が起こる場合があります。消化器官の働きが鈍くなる可能性があるた...

便秘の副作用
ネキシウムの服用で便秘になる!?便秘薬は飲んでもOK?

ネキシウムの胃酸抑制作用により消化機能に影響が出ると便秘になる事があります。便秘になると腹圧が高...

精神・神経系の症状

頭痛・めまい・不眠症など

その他

過敏症(皮膚炎・蕁麻疹・光線過敏)・味覚障害・関節炎・倦怠感など

男性A

えっ!?
結構ヤバそうな副作用が並んでるんだけど!

男性ポリスB

どの症状も発症率自体はごく僅かですよ。
しかし不安になるのも無理はありませんね。

男性ポリスB

では次に、副作用が起こりやすい人の特徴を見てみましょう。

副作用が出やすいのはどんな人?

体質・体調

副作用の出やすさは体質や体調が大きく関係しています

もともとアレルギー体質の人であれば医薬品の成分によるアレルギー反応が出る可能性も高く、
ストレスや疲労が溜まった状態では免疫力が低下しており薬による身体の変化についていけず不調を起こしやすくなってしまいます。

もともと便秘がちな人であれば便秘症状が強く出たり、ネガティブな人であればより気分が落ち込みやすくなるなど、元々の性質が強くなる場合もあります

年齢

子どもや高齢者は免疫力が低く、薬の成分を分解・排出する機能も弱いため副作用が出やすいです。

また、高齢者の場合は持病を抱えており既に複数の薬を同時服用しているケースも多いため、飲み合わせによるトラブルも引き起こしやすくなっています。

▼関連ページ
男性A

アレルギーは花粉症ぐらいかな。
服用中の薬は特になし。

男性ポリスB

でしたら問題はないと思います。
念のために添付文書と服薬履歴は確認しておきましょうね。

副作用は我慢した方が良いの?

医療技術や薬の開発技術は日々進歩しており、最近の薬は副作用もずいぶん軽減されています。
それでもなお、副作用ゼロの薬を作る事は困難です。

薬の副作用を我慢するべきかどうかは難しい問題です。
薬の効果と副作用、つまりメリットとデメリットをよく考えて利用しなければいけません

例えば、ちょっと喉が渇きやすくなる・服用後に眠くなる程度の副作用であれば、たいていの人は気にせずに薬を服用するでしょう。
では、副作用が大きいと言われる抗がん剤などの場合はどうでしょうか?
副作用が大きくても「それで延命になるのなら」と服用を続ける人もいれば、「これから先ずっと副作用に耐える日々を送るくらいなら」と抗がん剤を止めて別の治療法を行う人もいるでしょう。

ネキシウムの場合、発症頻度が低いとはいえ大きな副作用にかかってしまえば胃酸過多どころの騒ぎではありません。
ネキシウムは誰にでも効果が実感しやすい薬なので、現段階では最良の治療薬として処方される事が多いだけです。

身体に合わない場合は別の方法を選択する事も正しい選択です。

男性ポリスB

ネキシウムが体質的に合わない場合は無理をせず、別の治療法を試してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加