ネキシウムの服用で便秘になる!?便秘薬は飲んでもOK?

このエントリーをはてなブックマークに追加
女性A

ネキシウムは便秘になるって聞いて飲むのを躊躇しています。

女性ポリスB

発症率はそれほど高くはありません。
もしもの時は一緒に服用できる整腸剤もありますよ。

胃酸分泌抑制が便秘の原因に!?

下痢・便秘は症状としては真逆のように思えますが、どちらもネキシウムの代表的な副作用です。
消化液である胃酸の分泌を抑制するため、どうしても消化機能に支障が出てしまう可能性があります。

女性A

同じ薬で下痢も便秘も起こるなんて不思議ですね。

ネキシウムによる便秘はよく起る副作用?

ネキシウムの副作用といえば下痢・便秘と真っ先に出てくるほど代表的な副作用です。

しかし、それほどよく起こる症状ではありません。
発症率は1%未満、多く見積もっても5%もないでしょう

普通に生活していても便秘になる事はあるので、ネキシウムの服用により発症率が大きく跳ね上がるというわけではありません。

女性A

お薬飲んでなくても便秘になる事はありますもんね。

女性ポリスB

でしょう?
数%なら薬の副作用なのか・自然に起こった便秘なのかの判断も難しいくらいです。

対処法はあるの?

放置は危険!?

便秘になると腹圧が高くなり、逆流性食道炎を誘発する原因にもなります

ネキシウムの副作用により便秘になっている場合はまだ良いのですが、もともと便秘気味だった・ネキシウムにより便秘が酷くなり服用を止めても改善しないという場合は注意が必要です。

せっかくネキシウムで逆流性食道炎を治しても、便秘の症状が改善しなければまた再発してしまう可能性が高まります

便秘薬の併用はOK?

便秘薬にも様々な種類があり、腸の働きを活発にするものや便を柔らかくする下剤のようなものまで様々です。
では、どのような便秘薬であればネキシウムと併用できるのでしょうか?

便秘薬で1番多いのが「刺激性下剤」というタイプのものです。
これらの薬は酸性度の高い胃では消化されにくく、そのまま腸内まで届き大腸を刺激する事で便の排出を促します
有名なのは大正製薬の「コーラック」などです。

刺激性下剤はとても効果の高い便秘薬ですが、ネキシウムの服用により胃酸の分泌量が減り胃の中の酸性度が下がると、胃でも溶けだしてしまう可能性があります
腸に届く前に便秘薬が溶けてしまうと十分な効果が発揮できなくなってしまいます

浣腸座薬のようなものであれば胃を通らず、肛門から直接注入するのでネキシウムのはたらきには影響しにくいと考えられます。
しかし、これらで刺激できるのは腸内でもごく一部分のみなので、あまり高い効果は期待できないでしょう。

腸内フローラを意識する

善玉菌優位の腸内環境が健康の秘訣

即効性のある便秘薬はすぐに効果が実感できるのでつい頼りたくなってしまいますが、身体が便秘薬の使用に慣れてしまうと薬の刺激無しでは排便が困難になる・量を増やさなければ効かなくなってしまうなどの依存性もあります。

便が溜まる→便秘薬で出す といった事が日常化してしまわない為には、腸内環境を整えて便が自然に排出できるような身体作りを行わなければなりません

自然排便を促すには腸内細菌の力をかりるのが1番です。
「腸内フローラ」という言葉を聞いた事があるかもしれませんが、腸内には様々な細菌が群れを作って住み着いています

健康な成人の腸内環境バランス

腸内細菌は主に善玉菌悪玉菌日和見菌の3つに分類されます。

善玉菌は消化吸収やビタミンの合成、免疫機能の向上など身体に良い影響を与えますが、善玉菌が減り悪玉菌が増えると様々な身体の不調の原因となります

また、日和見菌は他の細菌の影響により作用が変化するため、善玉菌が優位な環境では無害ですが、悪玉菌が優位な環境になると同調して身体に悪影響を与え始めます
腸内細菌の7割は日和見菌なので、ちょっと悪玉菌が増えただけで日和見菌のはたらきも活性化されてしまうのは非常に厄介です。

常に善玉菌優位の状態を保つ事が健康維持にとって重要になります。

善玉菌は薬で摂取する事も可能!

善玉菌を利用した整腸剤は便秘薬のような即効性はありませんが、善玉菌を体内に取り入れ腸内フローラを整える事ができます
また、便秘薬のような依存性や副作用も無いので安心して使用できます。

善玉菌を配合した整腸剤で有名なのは、「ビオフェルミン」です。
ビオフェルミンは医療用医薬品として病院で処方される事もありますが、市販薬としてドラッグストアで購入する事もできます

ビオフェルミンシリーズの中でも「新ビオフェルミンS錠」「新ビオフェルミンS細粒」は下剤成分ゼロで、3種類の乳酸菌を配合した商品となっています。

乳酸菌などの善玉菌はサプリメントや健康食品からも摂取できますが、ビオフェルミンは「乳酸菌が生きたまま腸に届き増える」という部分が大きなポイントです。

サプリメントや健康食品の場合は腸に届く前に細菌が死滅してしまう可能性もあります。
善玉菌は死骸になっても健康に良い効果を与える事がわかっていますが、腸内で増える事はできないので効果の持続性はありません。

摂取した善玉菌が腸内で増え続けてくれれば薬の服用を止めても長期的に恩恵を受ける事ができるのでより効果的です。

胃に優しい食生活

タンパク質や脂質の多い食品は、消化し辛く胃に負担がかかります。
とはいえ身体に必要不可欠な栄養素である事も間違いないので、食べ過ぎに気を付けてバランスの良い食事を心がけましょう。

よく噛んで食べる事で消化吸収しやすくなり、胃や腸にかかる負担も軽減されます

また、野菜や水分もしっかり摂取すると便通が良くなります。

ヨーグルトは便秘にも胃酸過多にも改善効果のある食品です
乳酸菌による腸内環境の改善のほか、胃の粘膜をコーティングして保護する役割もあると言われています。
毎朝1カップずつ取り入れると胃酸症状の解消に役立ちます。

食べ物の消化吸収を促すには酵素の力を借りる事も重要です。
酵素は体内でも作られますし果実や野菜から摂る事もできますが、効率よく摂取できるサプリメントも販売されています

食べ物から摂取する場合は細胞が破壊される事で酵素のはたらきが活性化されるので、やはりよく噛んで食べる事が重要です。

女性A

腸内細菌ってすごいんですね!

女性ポリスB

腸は第二の脳とも呼ばれているくらい大事な臓器です。
しっかりケアしてあげてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加