ネキシウムで下痢や腹痛に!対処法はあるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加
男性B

ネキシウムを飲み始めてからお腹が緩いような…。
最近は胃の調子は良いし、もう飲まなくても大丈夫かな。

女性ポリスA

自己判断は危険ですよ!
下痢の副作用は対処法があるのでご紹介します。

なぜネキシウムで下痢になるの?

消化機能が不安定になる

ネキシウムにより胃酸の分泌量を減らすと食べ物を十分に消化できなくなり、消化不良を起こす場合があります。
胃酸による消化が不十分だと腸で吸収する事も難しくなり、吸収できなかったものについては異物として体外に排出されてしまいます
これが下痢の症状です。

細菌やウイルスの侵入

胃酸の分泌量が減る事により、本来は胃酸で死滅されるはずの細菌やウイルスが生き残り、増殖しやすい環境を作ってしまう可能性があります。
潰瘍や炎症のある患部は粘膜の保護機能も低下しているため特に攻撃を受けやすくなっています。

そして、細菌やウイルスを体外に追い出すために下痢や嘔吐の症状があらわれる場合があります。

男性B

胃酸が減ると悪い事もあるんだね。

ネキシウムによる下痢の発症頻度はわずか

ネキシウムを飲んだからといって必ず下痢になるとは限りません。
ほとんどの人は副作用を気にする事なく服用できています。

全ての症状について細かく副作用の発症率を算出するのは難しいですが、少なくとも逆流性食道炎の治療において下痢の副作用が見られたのは全体の0.93%のみです。

女性ポリスA

実は、下痢の副作用はそこまで頻度は高くないんです。

男性B

うーん、そう言われると自分の気のせいなのかも…?

下痢の症状があらわれた場合はどうすれば良いの?

胃を休ませる

ネキシウムにより胃酸の分泌量が減っているので、消化しにくい食べ物の大量摂取はNGです。

食事の量は腹8分目を心がけ、なるべく野菜などで食物繊維を摂るようにすると胃の負担が軽減されます。

水分補給はしっかりと

下痢になると便と共に体外に排出される水分量が多くなり、脱水症状を引き起こしやすくなります。
更なる体調不良を招いてしまわないように水分とミネラルの補給を積極的に行いましょう
水分を摂取する場合は常温か少し温かく感じる程度が胃に優しくおすすめです。

身体を温める

身体が冷えると内臓のはたらきが弱まり、下痢になりやすくなります。

夏場であっても冷たい食べ物や冷房の影響で身体を冷やしてしまう可能性はあります。
ひざかけや上着・タオルケットなどを活用してうまく体温調節を行いましょう
冬はカイロや湯たんぽを利用すると便利です。

血行不良が身体が冷える原因となる場合もあります。
血行改善の為には体を動かすのが効果的ですが、激しい運動やスポーツを行う必要はありません。
ラジオ体操や準備運動程度のストレッチ、軽いジョギングなどでも十分効果があります。

お灸やツボ押しなどで冷え性が改善したという人もいるようです。

下痢止めの服用は病院で相談

ネキシウムには併用に注意が必要な薬もあります。
そのため、ネキシウムによる下痢の症状がひどい場合は市販の下痢止め薬を買うよりも病院で処方してもらった方が安全です。

細菌やウイルスが原因の場合は薬で無理に止めてしまうと逆効果となる場合もあります

▼関連ページ
飲み合わせについて
併用NG!ネキシウムと飲み合わせの良くない薬一覧

ネキシウムには併用してはいけない薬や注意すべき薬がいくつかあります。飲み合わせが良くないと効果の...

用量を減らす・別の薬に切り替える

ネキシウムの服用による下痢の症状がひどい場合は、もしかすると胃酸の分泌量を減らし過ぎているのかもしれません

消化吸収能力が落ちると食べ物から栄養素を取り入れる事ができなくなり、栄養失調により衰弱してしまいます。

ネキシウムを飲み始めてから目に見えて体重が落ちている場合には注意が必要です。
栄養失調による代謝量・免疫力の低下は胃酸症状の治療にも影響を与えるので無理は禁物です。
あまり我慢し過ぎず、異常を感じた際にはすぐに病院で相談してみましょう。

ネキシウムの服用量を減らしたり胃酸分泌抑制効果の弱い薬に切り替える事で副作用を解消する事ができるかもしれません。

男性B

すぐに始められそうな対処法がたくさんあるね。

ネキシウムの服用をやめれば下痢の症状は治まる

短期間の服用は割り切って我慢も

ネキシウムの副作用で下痢が起こる場合は、服用を止めれば症状も治まります。
もともと短期間の服用予定であれば、しばらく我慢して先に胃の症状を完治させてしまった方が良いかもしれません

自己判断は危険!

ネキシウムの服用を中断すれば副作用からは解放されます。
我慢できないほどの副作用に悩まされる場合は服用を一旦止め、改めて病院で相談して別の治療法を探しましょう

ただし、胃痛が酷くなればネキシウムを飲み、副作用が出れば中断するといった事を自己判断で繰り返す事はとても危険です。

薬を服用するという事は身体の本来の動きを外から無理矢理修正している事になります。
既定の用法・容量を守って服用すれば修正がうまくいき症状を改善する事ができますが、完治する前に服用を止めてしまえば治療が不十分に終わってしまい再発の可能性が高まります。

悪くなれば再び薬を飲めば良いと思うかもしれませんが、薬を飲んだり止めたりといった事を頻繁に繰り返すとその度に身体には余計な負荷がかかりバランスを崩しやすくなってしまうので、体調を壊し新たな病気を発症する可能性も高まります。

女性ポリスA

処方されたお薬の場合、必要量が渡されているので全部飲み切るのが大切です。

男性B

あと5日分残ってるから、上の対処法を試しながら頑張ってみるよ。
ありがとう。

このエントリーをはてなブックマークに追加